リージェント・セブンシーズ・クルーズ日本地区販売代理店
オーシャニア・クルーズ日本地区販売代理店

オーシャニア・クルーズの自慢の美食レストラン

高級レストラン

  • 多種多様のオープンシーティングレストランを、朝食、ランチ、ディナーに追加料金なしでご利用可能
  • コンチネンタル料理が味わえるエレガントな「グランドダイニングルーム」
  • ステーキ、チョップ、シーフードの「ポログリル」*
  • 本格的なイタリア料理が楽しめる「トスカーナ」*
  • フランスの地方料理が堪能できる「ジャック」*
  • アジアの力強いコンテンポラリー料理が魅力の「レッドジンジャー」*
  • 「 トスカーナ」と「ポログリル」のエッセンスを取り入れた「タスカンステーキ」*
  • ランチタイムに営業する「 ジャックビストロ」 *
  • 屋外でカジュアルな朝食、ランチ、ディナーを提供する「テラスカフェ」
  • ヴィンテージワインと絶品料理のペアリングを提案する「ラ・レゼルブ by ワインスペクテイター」**
  • プライベートディナーを主催できる「プリベー」**
  • グルメハンバーガーと手作りミルクシェイクをプールサイドでいただく「ウェイブスグリル」
  • 本格的ピッツェリア、アイスクリーム、サンデーバー
  • クラシックな英国流アフタヌーンティー
  • コーヒーとスイーツバーの「バリスタス」
  • キャニオンランチの料理
  • ご要望により、ベジタリアンとビーガン向けの料理、コーシャー、特別食をご用意***
  • 豊富なワインの品揃え
  • 毎晩、船内すべてのバーとラウンジで提供され、かつすべてのスイートまで届けられる本格カナッペ
  • 24 時間無料でご利用可能なルームサービス
  • * スペシャリティレストランの詳細は、JP.OceaniaCruises.com/finedining をご覧ください
    ** マリーナ、リビエラで営業しています(ワイン体験と個室利用には追加料金がかかります)
    *** 出航の90 日前までにご要望をお伝えください

    最高の食事

    Oceania Cruises でのクルーズ体験については、その素晴らしさを控えめにお伝えしているつもりです。しかし、クルーズ界随一の料理™をご提供したいという私たちの熱意だけは例外とさせてください。伝説的なマスターシェフ、ジャック・ペパン氏による料理のアートを誇らないわけにはいかないからです。ペパン氏はエグゼクティブカリナリーディレクターとしてOceania Cruises の調理スタッフにインスピレーションを与え、フレンチやイタリアンの定番からアジア料理まで、魔法のような美食を生み出す原動力となっています。最高級の食器、銀製のカトラリー、優雅なクリスタルグラス、上品なテーブルリネンと併せて、芸術的に盛り付けられた料理をご堪能ください。

    極上の美食

    シィレーナ自慢のレストランは、アジア料理にインスパイアされた人気の「レッドジンジャー」だけではありません。「ポログリル」のエッセンスはしっかりと保ちながらも、「トスカーナ」の遊び心と温かみをプラスしたスペシャリティレストラン「タスカンステーキ」もこの度新たにオープン。マリーナとリビエラでは著名なジャック・ペパン氏が監修する極上のフレンチビストロ「ジャック」、その他の客船でも、ランチタイムには「ジャックビストロ」で、本場さながらの料理を楽しめます。マリーナとリビエラでより親密な雰囲気をお望みなら、極上ワインとペアリングされたプライベートディナーを提供する「ラ・レゼルブ by ワインスペクテイター」のほか、「ポログリル」と「トスカーナ」のすべてのメニューからお食事を選べ、最大10 名までのパーティーを主催できる「プリベー」をご利用ください。

    クルーズ界随一の料理™

    魅惑の寄港地を巡る道中、Oceania Cruises の料理に対するこだわりは、初めから終わりまで光り続けます。数々の栄誉に輝く当クルーズの料理プログラムは、評判の高いカスティーリャ・ラ・マンチャ地方のサフランや、特注のフランス産小麦粉など、私たちの求める高い品質に合致した極上の食材を世界中から調達するところから始まります。ミシュランの星付きレストランにもひけをとらない広々とした最新鋭のキッチンには、最先端かつ最高級の調理機器を完備。もちろん、世界有数のレストランから選りすぐられた著名なシェフたち抜きでは、魔法の料理は生み出せません。すべてのレシピは才能と想像力豊かな調理チームによって考案され、一皿一皿に長年培われてきた調理手法と伝統が込められています。Oceania Cruises では、どこで何を注文しても、クルーズ界屈指の贅沢な料理をご堪能いただけます。

    クラシックステーキハウス

    時間をかけて培われたクラシックステーキハウスのカルチャー。そのすべてを大切に詰め込んだレストランが「ポログリル」です。伝統に気を配った内装を採用し、糊のきいた白いリネンのテーブルクロス、ダークウッドの家具、バーガンディのハイバックレザーチェアを使用しています。メニューは古くから愛されているものばかり。特に注目していただきたいのは、牛肉料理。使用されるのはすべて米国農務省の肉質格付けでプライムに認証されたブラックアンガス牛であり、さらに柔らかさと風味を高めるために乾燥熟成されています。また、メカジキのグリルやメイン州産ロブスターを丸ごと使ったグラタンなど、ジューシーなシーフードも王道の定番料理です。シーザーサラダも、伝統に従ってお客様のすぐ横で丹精込めて調理いたします。

    レガッタ、インシグニア、ノーティカ、マリーナ、リビエラで営業
    要予約

    パワフルなアジア料理

    風水の考えを取り入れた「レッドジンジャー」は、調和と静寂の世界。黒檀、安らぎを与える壁泉、アジアの現代アートをシンプルに用いたインテリアが、柔らかな輝きを放っています。その雰囲気に見事にマッチする、アジアの伝統料理をアレンジしたコンテンポラリー料理を、レッドジンジャーのシェフが創り上げました。スパイスのきいたローストダックにスイカ、カシューナッツ、ミント、タイバジルをからめたサラダを手始めに、マレーシア風ビーフペナンカレーのココナッツライスとロティパラタ添えはいかがでしょう。さつまいも、なす、マッシュルーム、バジルの入ったタイスタイルのベジタブルグリーンカレーもおすすめ。「レッドジンジャー」での味覚体験は、その見た目と同じくらい刺激的で楽しいものとなること請け合いです。

    シィレーナ、マリーナ、リビエラで営業
    要予約

    「ポログリル」と「トスカーナ」にインスパイアされた
    レストラン

    「ポログリル」のエッセンスはしっかりと保ちながらも、「トスカーナ」の遊び心と温かみをプラスしたスペシャリティレストラン「タスカンステーキ」は、シィレーナでのみ営業。艶のあるウッドパネルにプラチナとシルバーのアクセントが施された「タスカンステーキ」の店内は、伝統的なステーキハウスにモダンな要素を巧みに取り入れたインテリアで、優雅な雰囲気に仕上がりました。フィレミニヨンや非の打ちどころのない特製のフィレンツェ風ステーキから、手作りのジャガイモのニョッキのような素朴な料理まで、両方のレストランの代表料理を織り交ぜた、革新的でバラエティに富んだメニューをお楽しみください。メイン州産ロブスターのグラタンやリングイネチョッピーノは、シーフード好きにはうってつけの料理です。

    シィレーナで営業
    要予約

    「パーフェクトなペアリング

    上質なワインと美味しい食事を提供するだけにとどまらない高級レストラン「ラ・レゼルブ by ワインスペクテイター」。ソムリエが、旅行後も記憶に残る思い出と、お客様の人生を豊かにする知識を提供します。「ラ・レゼルブ by ワインスペクテイター」では、ワインセミナーやヴィンテージワインのテイスティングだけでなく、海鮮醤でソテーした鴨のフォアグラ、真空調理した神戸牛のたたきのヴァローナソースなどの料理と相性抜群のワインを合わせたペアリングもお楽しみいただけます。また、マスターシェフでありエグゼクティブカリナリーディレクターのジャック・ペパン氏が手がけるコース、「ラ・キュジーヌ・ブルジョワジー」も新たに登場。プラザアテネのロブスタースフレや、リシュリュー風ローストビーフといった時代を超えて愛される逸品と、極上のワインを組み合わせてお届けします。美食家の方も、これの完璧なペアリングによって、クルーズでの食事体験をより一層ご堪能いただけることでしょう。

    マリーナ、リビエラで営業
    追加料金が必要

    カジュアルダイニング

    カジュアルで気楽な雰囲気の「テラスカフェ」は一日中ご利用できます。朝食時の店内には、床から天井まで広がる窓から柔らかい太陽光が差し込み、贅沢なラインアップを前にして食欲が刺激されます。ランチタイムになると、多国籍料理を多く取り揃えたメニューが登場。ロティサリーでローストされた風味豊かな肉や、本格派ピザオーブンで焼いたピザはいかがでしょう。屋内席またはパラソル付きチーク材テーブルのオープンテラス席のどちらかをお選びください。ディナータイムには、ロブスターテール、チョップ、新鮮な魚料理、作りたての寿司や刺身など、より洗練された料理が提供されます。

    スペシャリティコーヒー

    コーヒーファンが集うこのコーヒーバーは、すべての客船で営業。マスターバリスタが淹れたilly® のエスプレッソ、カプチーノ、ラテを無料でお召し上がりいただけます。美味しいペストリー、フィンガーサンドイッチ、自家製ビスコッティなどもご用意しており、こちらを目的に来店するお客様も1日を通して多くいらっしゃいます。

    大切なこだわり

  • 世界最高級の食材のみを調達することへの絶対のこだわり
  • 世界有数のレストランから選び抜かれた、才能と想像力豊かなシェフ陣
  • 乗客数に対して余裕ある数の調理スタッフを配し、できたての料理を提供
  • ミシュランの星付きレストランにもひけをとらない、最高級の調理機器を完備した広々としたキッチン
  • エレガントな雰囲気

    「グランドダイニングルーム」は、ヨーロッパの5 つ星ホテルにあるような有名レストランからインスパイアされ、格調高くありつつも堅苦しくない雰囲気を大切にしています。高級木材をふんだんに使って美しく仕上げられた内装、デザイナーファブリック、ゆったりとしたひじ掛け椅子、開放的で華やかなダイニングエリア。豪勢なインテリアにもかかわらず、お客様にリラックスしながらお食事をしていただけるのは、正式な訓練を受け正装に身を包んだ給仕スタッフのサービスがあってこそ。満足度の高い食事にメニューの幅広さは欠かせません。日替わりで10 種類以上の前菜、スープ、サラダを提供するほか、10 種のメインディッシュ、キャニオンランチスパの料理や豊富なビーガンメニューなどのヘルシーな料理をご用意してお待ちしております。

    すべての客船で営業
    予約不要

    正統派イタリア料理

    豊かな家庭料理をベースとして発展したトスカーナ料理と同じように、私たちのレシピの多くは、調理スタッフの母や祖母が作るイタリアの味がルーツとなっています。トスカーナ地方のエッセンスとイタリアの食に対するパッションが凝縮され、完璧に調理された料理の数々。特注でデザインされたヴェルサーチの美しい食器の上に、上品に盛り付けられます。タコのカルパッチョのシャンパンヴィネグレット和えや、アーティチョークとパルメザンチーズのタンバル黒トリュフソース仕上げなどの前菜で、ディナーをスタートさせるのはいかがでしょう。ジェノバ風ミネストローネ、ボローニャ風ラザニアアルフォルノ、ミラノ風オッソブーコなど、北イタリアの伝統料理もご用意しています。

    レガッタ、インシグニア、ノーティカ、マリーナ、リビエラで営業
    要予約

    フランス料理にかける情熱

    「ジャック」はパリのビストロをモデルにしており、店内は高級アンティーク家具、木製の調度品、ジャック・ペパン氏のパーソナルコレクションから選ばれたアート作品で優雅にしつらえられています。雰囲気は気取らず、さまざまなスタイルの要素を取り入れつつもフランス的。料理も同様に、素晴らしい出来栄えです。ロティサリーではチキン、鴨、ポーク、ビーフ、仔牛肉がゆっくりと回転しながらローストされ、食欲を刺激する香りが店内に漂っています。マスターシェフのペパン氏によって、独創的に生まれ変わったクラシック料理の数々。想像を越える美味しさのコックオーヴァン。ロティサリーで焼いたチキンは骨離れもよく、風味豊かな仕上がり。ステーキフリットは、ジューシーなプライムビーフとパリッとして甘みのあるジャガイモの組み合わせ。「ジャック」はまさしく“マグニフィック”です。

    マリーナ、リビエラで営業
    要予約

    午後のためのフランス料理

    「ジャックビストロ」では、エグゼクティブカリナリーディレクターであるジャック・ペパン氏の家に代々伝わるレシピにインスパイアされた、フランス料理のエッセンスが詰まったクラシック料理をお召し上がりいただけます。放し飼い鶏のハーブクラストのカボチャグラタン添え、ブランデーデミグラスソースで楽しむ5 種のペッパーコーンサーロインフラップステーキ、ケッパーバター風味のレモンソールのクルトン載せなど、季節感を大切にした料理は、フランスの豊かな食文化を感じさせます。本日のおすすめ料理が手書きされた黒板をはじめ、心温かく上品なおもてなしでお客様をお迎えします。ボナペティ!

    マリーナ、リビエラでは「ジャック」のメニューで提供
    レガッタ、インシグニア、ノーティカ、シィレーナでは
    「グランドダイニングルーム」のメニューで提供
    予約不要

    プライベートパーティ

    船内で最も特別なダイニングレストラン「プリベー」にゲストを招き、最大10 名までのプライベートパーティを主催するのはいかがでしょう。著名な家具デザイナーであるダコタ・ジャクソン氏が手がけた特注テーブルと、金色に輝くベニーニガラスのシャンデリアが彩る空間で、料理の魔法を体験できます。バロック調の木工製品とフェラーリレッドのカーペットも優雅な演出に一役買っています。食事の素晴らしさは言うに及ばず、ゲストはそれぞれ「ポログリル」、「トスカーナ」、もしくはその両方からお好きな数の美味しいコース料理をオーダーできます。プライベート空間でしか叶わない五感を最大限に使ったダイニング。全員が大いに満足して「プリベー」を後にすることでしょう。

    マリーナ、リビエラで営業
    追加料金が必要

    屋外レストラン

    「ウェイブスグリル」のようなカジュアルレストランでアメリカ料理を楽しむことは、時に究極の贅沢になりえます。スイミングプールから数歩しか離れていない広々とした日陰のスペースに店を構え、ランチにぴったりな食欲をそそるメニューをご用意。グルメバーガー、スパイシーなバーベキュー、ジューシーなシーフードをオーダーすると、オープンキッチンでシェフが調理する様子を見ることができます。採れたて野菜のサラダ、熟成パルメザンチーズをまぶしたサクサクのハンドカットトリュフフライを、サイドディッシュにいかがでしょう。クリーミーな自家製ジェラート、注文を受けてから作るホットファッジサンデー、濃厚な手作りミルクシェイクはデザートにおすすめです。

    ティーが主役

    19 世紀のイギリスで日常的な習慣だったアフタヌーンティーが、現在では世界中の人々に愛される伝統になりました。しかし、当店のティータイムほど楽しまれているものはなかなかないようです。毎日午後4 時ちょうどに始まるティータイムイベントに合わせて、多くの方が「ホライズンズ」を訪れます。弦楽四重奏が奏でるクラシック音楽がやさしく流れる中、新鮮なフィンガーサンドイッチ、カラフルなプチフール、クロテッドクリームが添えられた食感豊かなスコーンをはじめ、たくさんの美味しいデザートを4 段重ねのペイストリーカートに載せて、スタッフがテーブルまでお運びします。とはいえ、この素晴らしい午後のひとときの醍醐味が、紅茶やハーブティーなどのお茶選びであることをお忘れなく。

    ▲Page Top